保湿化粧品を使って敏感肌やアトピーを改善に導け

悪化を防ぐために

下着姿のレディー

アトピー肌の人の化粧品選びは大変です。乾燥することで肌のバリア機能が低下しているので、保湿はしっかり行ないましょう。セラミドやヒアルロン酸を含んだ化粧水や美容器を使うことで保湿できます。

Read More

肌への負担を減らそう

化粧水

敏感肌で化粧品選びに困る人は、保湿と刺激物を意識して化粧品を選んでみましょう。保湿することで肌のバリア機能を活性化しトラブルを少なくできます。また成分を確認して添加物を含んでいない物は刺激が少ないと言えるでしょう。

Read More

肌トラブルと保湿の関係

美容クリーム

お肌のバリア機能は乾燥ととても深い関係があります。乾燥してしまうと肌がカサカサしてかゆくなり、掻きむしってしまうこともあるでしょう。乾燥することでハリや弾力も失われてしまいます。ひび割れて刺激物や菌が入り炎症を起こしてアトピーに繋がることもあります。肌が乾燥することであらゆる肌トラブルの原因となり老化も進んでしまいます。肌をトラブルや乾燥から守るためにも保湿化粧品を使いましょう。保湿化粧品と探すだけでもたくさんの商品が出てくるでしょう。その中から自分の肌にあった保湿化粧品を選ぶことが重要です。肌の潤いを保っている角質層は、刺激物や細菌から肌を守る役割も果たしています。角質層の水分がなくなることで乾燥肌になります。角質層の主成分はセラミドです。セラミドが水分を保持する役割を持っています。セラミドの他に、皮脂とアミノ酸や尿素からなる天然因子も角質層に必要な成分です。この3つが互いに作用して肌を守っているのです。この3つが不足し水分を保てなくなり乾燥が起こります。その状態にただの化粧水をつけても水分はすぐに蒸発してしまいます。最近はセラミドを含んだ化粧水や乳液といった保湿化粧品が多くあります。セラミドだけでなくレシチンも水分を保つ働きがあるので、こういった化粧品を使うことで肌に水分を保つ成分を補うことができます。ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンは肌の弾力にも効果的です。吸湿力のあるグリセリンを含んだ保湿化粧品も乾燥肌にいいでしょう。ワセリンやツバキ油といった油分が配合されている保湿化粧品で、水分を逃さないようにふたをしましょう。

ニキビや敏感肌の人に

顔を洗う女性

肌荒れやニキビに悩む人は洗顔石鹸を使いましょう。洗顔フォームと違い、必要な潤いや皮脂を残して洗顔することができます。使い続けることでニキビができにくくなる人も多いようです。

Read More